All you need is black earphone (?)

あたまのわるい音楽ブログ

アルバム初聴メモ 2019年8月編

※個人の主観的感想です。
※通しで二回聴いた時点でのメモ書き程度です。


最近は月の終わりにまとめて聴いた印象を書いてるんですが、今月の分、何故か文章が全く出てこなくて(波というかそういうのがあります)いつにも増して雑かつ中身の無い文章になってしまってますが、所詮メモ書き程度と思って勘弁してください。


08/03

ZAMA / imai

 邦楽。2005年。
「STOP OF NOON」「COMICS」「NIGHT RUN」「TELEPHONE」がよさげ。
「STOP OF NOON」浮遊感のある音とメロディ
「COMICS」PR (u.u.o. mix) だ!
「NIGHT RUN」MAYBEだ!
「TELEPHONE」ポップで跳ねた感じで若干混沌としてる曲
 group_inouの曲作ってる方のソロ。inouの原曲があったり。

レター・フロム・ジェーン・ドゥ / ペンギノン

 東方アレンジ。2018年。
「星と観測者 / じゃねっと亭」「Linear Reactive / paroleise」「暗夜行 / 天狗ノ舞」「ぶらり途中下車堕落録 / モジャン棒」「遺言 / Kurage seek room」「錦三のグリニッジ / ボンジュール岡田」がよさげ。
「星と観測者 / じゃねっと亭」爽やかで綺麗なギターロック。他がみんな不健康な感じなので聴いてて安心する。
「Linear Reactive / paroleise」転調しまくりのポストロック。ドラムの手数がすごい。
「暗夜行 / 天狗ノ舞」天狗ノ舞はほんとギターの音が良いよね……良い感じにモコモコした透明感ある感じの音……。
「ぶらり途中下車堕落録 / モジャン棒」超絶やさぐれた感じのギターロック。ボーカルがメチャクチャかっこよくて、歌メロを不安定にずり上げるのがすごいツボ。ブレイクの挟み方とかアウトロのコーラスなんかもすごい好きです。
「遺言 / Kurage seek room」疾走するギターロック。『二人は静止した箱の中で点滅をただ繰り返す』って歌詞がヤバい。
「錦三のグリニッジ / ボンジュール岡田」ハイテンポでダンサブルなロック。ごめんなんだかんだでこういうのめっちゃ好き。サビの四つ打ちとメロディが気持ち良すぎる。そしてサビ終わりのメロディ、かっこよすぎる。
 東方アレンジコンピ。参加陣が(見る人から見れば)豪華すぎて垂涎。でもなんかみんな不健康な感じで、秘封でギターロックっていうとやっぱりそういう感じになっちゃうん?

大航海 / TOMOVSKY

 邦楽。2007年。
「無計画とゆう名の壮大な計画」「過去のドレイだ、生きた化石だ」「SKIP」「楽しそうなとこにだけ」「その2つ以外は」がよさげ。
「無計画とゆう名の壮大な計画」9分間ある壮大なロックオペラ。コンセプトアルバムの導入としてこの上ない演出てんこ盛り。
「過去のドレイだ、生きた化石だ」メロディと歌詞がめちゃくちゃ良い。アコギ?のベコベコした音も好きです。
「SKIP」メロディが好き。語るような口ぶりのボーカルがだんだん盛り上がってく展開が良いです。
「楽しそうなとこにだけ」のほほんとしたメロディに奇妙なアレンジが合わさったビートルズライクな曲。
「その2つ以外は」メロディが好き


08/10

₲#0$✞!f!© /!✞3r4©!3$ / Ghostleg

 邦楽。2019年。
「幽霊になるとき」「WordArt」「目明」「幽霊の條件」「Ghosting」がよさげ。
「幽霊になるとき」サビの進行が好き
「WordArt」サビメロがめちゃくちゃ好き。淡々としたメロからサビで一気に開放されるのが気持ちいい
「目明」ダウナーな感じが好き
「幽霊の條件」EP版からよりポップになった感。これってこんな良い曲だったんですね。
「Ghosting」アルバムのラストに相応しい、壮大かつ凄絶な展開をする曲。硬質かつ混沌とした感じがとてもかっこいい。

カームブルーの部屋と一過性の自然主義的誤謬 / アリスミア・アリスメア

 東方アレンジ。2017年。
「カームブルーの部屋と一過性の自然主義的誤謬」がよさげ。
「カームブルーの部屋と一過性の自然主義的誤謬」メロディが好き


08/13

ある家族の最期(The Last of Certain Family) / 色覚異常(Color Blindness)

 邦楽。2018年。
「不審火(The Arson)」「食事(Meal)」「要望を聞く夫婦(A couple listening to requests)」「2013年1月(January,2013)」「理想像(Ideal Image)」がよさげ。
「不審火(The Arson)」めっちゃくちゃかっこいい疾走ノイズロック。
「食事(Meal)」雑音の奥から聴こえてくる割と綺麗めなメロディ。
「要望を聞く夫婦(A couple listening to requests)」ポストパンク的な四つ打ち。
「2013年1月(January,2013)」陰鬱なメロディ。
「理想像(Ideal Image)」めっちゃくちゃかっこいい暴走ノイズロック。
 東方アレンジサークル深夜放送の人のバンド。ポストパンクみが強くてとてもかっこいい。しかしなんでオリジナルのほうがポップなんだ……。東方アレンジは下手にメロディがある分ポストパンク的なものとは親和性悪いのだろうか。


08/14

夜が明ける前に / fla-fula

 ボカロ。2019年。
花束を君に」「生きて」「夜が明ける前に」がよさげ。
花束を君に」綺麗なメロディのインストギターロック。中盤の展開が好き。
「生きて」エモ入ったギターロック。サビメロがとても好き。二回サビ回し終わったあとの間奏もすごい良いですね。
「夜が明ける前に」シティポップな感じのお洒落な曲。Bメロとサビがすごい好きです。


08/15

幻想HEADS / 明日ryBEATS

 東方アレンジ。2017年。
「ハッピーラブリーデザイア」「MS.オータム」「ぼっち★なぅ! feat. juda(sinα.com)」「ダンデタイガー」がよさげ。
「ハッピーラブリーデザイア」ポップなチップチューンが始まったかと思ったらどんどん回転数が下がっていって凄まじく不気味なトラックが始まる曲。不穏で皮肉まみれな感じがとてもにゃんにゃんぽくて良いです。
「MS.オータム」このアルバムの中ではまあまあポップな方の曲。サビの不安定な感じな歌が好き。
「ぼっち★なぅ! feat. juda(sinα.com)」これはトラックがすごい良いです。サンプリング元が気になる。
「ダンデタイガー」これもサビの不安定な感じの歌が好き。
 東方アレンジでヒップホップ。っていうと魂音泉とかを思い出すんですが、それとは違ってあまりポップじゃなくて90年代日本語ラップ的なハードで無骨な感じが好きです。


08/25

SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT (15th Anniversary Edition) [Disc 2] / NUMBER GIRL

 邦楽。ライブアルバム。
「日常に生きる少女」「EIGHT BEATER」がよさげ。
「日常に生きる少女」この曲のエモさに最近やっと気づきました。
「EIGHT BEATER」イントロのベース音一発でここまで空気を変えられるバンドが果たして居るのだろうかという。

感電の記憶 TOUR NUM-HEAVYMETALLIC 2002.5.19 日比谷野外大音楽堂 / NUMBER GIRL

 邦楽。ライブアルバム。
「Frustration in my blood」「delayed brain」「DESTRUCTION BABY」「FIGHT FIGHT」「性的少女」「OMOIDE IN MY HEAD」「I don't know」「NUM-HEAVYMETALLIC」がよさげ。
「Frustration in my blood」CIBBICOさんからの繋ぎが最高。Frustration in my bloodってあんまり評判聞かないんですけど個人的にすごい好きな曲なんですよね。NUM-HEAVYMETALLICの混沌で陰鬱な世界にあって唯一の救いというか。そんな曲のライブ版なので悪いわけがない。エモい。
「delayed brain」ダブな感じが気持ちいい
「DESTRUCTION BABY」引き続いてダブな感じが気持ちいい。
「FIGHT FIGHT」この4曲の流れよすぎる。FIGHT FIGHTいいですよねぇ。最初の方で絶叫してる女性?の方がちょっと心配になりますが。
「性的少女」今まで聴いた性的少女のライブ版で一番良いかもしれない。まあラストライブとOMOIDE IN MY HEADシリーズのやつしか聴いたことないですが……。イントロの入り方とMCが最高。
OMOIDE IN MY HEAD」言わずもがな。ですが繋ぎが最高。
「I don't know」OMOIDE IN MY HEADのノイズの混沌の中での語り、からの一瞬で空気が塗り替わるストローク
「NUM-HEAVYMETALLIC」ひさ子さんのボーカル超かっこいい


08/28

補綴の鳥籠 / 着席無言

 東方アレンジ。2018年。
「片目の願望」「惑う暗闇」がよさげ。
「片目の願望」かっこいい。やっぱハルトマンの妖怪少女のサビメロは最高ですね。
「惑う暗闇」小気味良くてダンサブルなリズムが聴いてて気持ちいい。


08/29

キャプリーヌにこいして / フーリンキャットマーク

 東方アレンジ。2019年。
「アストラストレイン」「Stand up apple boy」「瞬きガーリーステップ」「盗まれたパンケーキ」がよさげ。
「アストラストレイン」転調しまくるのが好き。サビ一つ取っても細かく変化しながら展開していくのが凝ってて素敵です。
「Stand up apple boy」ダンサブルな感じ。カッティングがオシャレで最高。
「瞬きガーリーステップ」すごい好き。浮遊感あるコード進行が好き過ぎる。この曲も転調しまくるんですけどそれがまた浮遊感を加速。
「盗まれたパンケーキ」これすっごい好き。これもサビで急な転調するんですけど、ドラムが消えるのも相まって放り出されるような壮絶な浮遊感。この曲だけ男声ボーカルなんですけどもシューゲイザー的な良い意味で無機質な声で、一オクターブ上とユニゾンしてるのもすごい好きです。そして「クッキーベイビーホットケーキ魅惑のサンデーサンドイッチな予感」の語感の気持ち良さ!
 アキシブ系を自負する東方アレンジサークルのミニアルバム。これで初聴です。オシャレ感と転調しまくり感がすごいドストライクで好みでした。