All you need is black earphone (?)

あたまのわるい音楽ブログ

アルバム初聴メモ 2020年2月編

※個人の主観的感想です。
※通しで二回聴いた時点でのメモ書き程度です。


02/01

POPMAN'S WORLD ~All Time Best 2003-2013~ / スキマスイッチ

 邦楽。ベストアルバム。 
ユリーカ」「トラベラーズ・ハイ」がよさげ。
ユリーカ」爽やかに駆け抜ける系のポップ。
トラベラーズ・ハイ」サビで四つ打ちになる系のポップ。Bメロからサビにかけての盛り上げ方が流石だなって思う。

 スキマスイッチのベスト。最近何故か久々にちゃんと聴いて、いいなと思ったので借りた。ていうか9割くらいは「マリンスノウ」が欲しくて借りた。マリンスノウは名曲です。
 何気にこのベストが出るくらいまでは追ってたんですよねスキマスイッチ……。今回初めて聴いたのって「ラストシーン」以降の5曲だけだし。

The Flying Lizards / The Flying Lizards

 洋楽。1979年/1995年再発。
Money (That's What I Want)」がよさげ。
Money (That's What I Want)」この曲だけ飛び抜けてポップだなと思ったらカバーなんですね。よれよれのリズムで鳴らされるなんかよくわからん楽器たち。そして全体的にスッカスカ。

 This Heatのプロデュースをしてたらしいデヴィッド・カニンガムという人がやってた音楽ユニット。この人楽器が弾けなかったらしいのでつまりそういう感じの音楽。「The Flood」~「Events During Flood」の流れはエレクトロニカとか音響系のはしりって感じもしますね。This Heatの1stに通じる感じもある。


02/02

Traveler / Official髭男dism

 邦楽。2019年。
宿命」「バッドフォーミー」「Stand By You」「Pretender」「ラストソング」がよさげ。
宿命」今っぽいリズムと王道なメロディ。好き。
バッドフォーミー」こういうサビで16ビートになって疾走感出してくるのに弱い。
Stand By You」これはBメロが好き。ちょっと「ノーダウト」思い出すなこれ。こういう派手に上下するメロディが好き……。
Pretender」今風の音で王道なバラードをやった感じの曲だと思う。でもかなりアレンジが凝ってて、J-POPのバラード特有のたるさが無いのがとても好き。
ラストソング」シンガロングで大団円な感じの晴れやかで切なげな曲。単純にメロディが良すぎ。

 なんかすごい有名になってるPretenderが入ってるアルバム。良かった。
 メロディのキャッチーさと演奏やアレンジのお洒落で凝ってる感じを両立させてるのがすごい良いなって思う。

Eternal Chain / 押尾コータロー

 邦楽。2009年。
Landscape」「Always」「Snappy!」「日曜日のビール」「Believe」「Earth Angel」がよさげ。
Landscape」メロディがめちゃめちゃ綺麗。
Always」中盤ちょっとだけ長調に転調するのが好き。
Snappy!」ロック的でノリの良い曲。ファズ掛かったような音とか手拍子とか。
日曜日のビール」タイトル通りほのぼのまったりした曲。
Believe」メロディが好き。
Earth Angel」これもメロディがめちゃめちゃ綺麗。バックで鳴ってる空間的なギターも良き。

「Landscape」がすごい好きな感じだったので聴いたシリーズ。
 ギターインストって字面見るとやっぱり身構えるところあるんですけど、J-POP的なポップさを備えてて聴きやすくてよかったです。


02/06

東方Ryona & Beats #2 - 恋と脳とアイスクリーム - / yararebeats

 東方アレンジ。2019年。
愛你」「ドレイン・ノーレッジ」がよさげ。
愛你」ファンキーなトラック。カッティングがオシャレ。
ドレイン・ノーレッジ」の う み そ が す い と ら れ る !

 お洒落なブラックミュージックにリョナを全開にした歌詞が載っかるアルバム。なぜ……?

縁 / 豚乙女

 東方アレンジ。2010年。
響縁」がよさげ。
響縁」サビのメロディとコード進行が好き。サビ終わりのキメも良いですね。

 音ゲーで聴いたシリーズ。豚乙女の曲っていつの曲聴いてもランコさんの歌声が変わらないからすごいなあって思う。


02/09

ストレイキャットガール / フーリンキャットマーク

 邦楽。2018年。
カフェ・モンシェリ」「ストレイキャットガール」「プラネテスに恋文を ~Bossa Ver.~」がよさげ。
カフェ・モンシェリ」ライクアベイビィ・ポータブル・ロックって感じのお洒落なカフェミュージック。でもやっぱりサビの凝ったコード運びはただのポスト渋谷系フォロワーではないと思う。
ストレイキャットガール」めちゃくちゃ好き。サビ前で転調しまくって翻弄されて、そこから勢いそのままにサビに突入するのが気持ち良すぎ。サビの音を詰め込む感じもコーラスの浮遊感も全てが好きです。
プラネテスに恋文を ~Bossa Ver.~」これだけ東方アレンジ。7分弱あるんですが、ずーっとお洒落で甘いメロディが続く感じがとっても心地良い。

 東方アレンジだと思ったらオリジナルだったシリーズ。
 帯で「アキシブ系」と自称する通り、お洒落でカワイイ音楽。
 谷高マークさんの作る曲はコード進行の運び方が本当に素敵だと思う。「プラネテスに恋文を ~Bossa Ver.~」を聴いてるとそれを如実に感じるんですが、延々と展開し続けて解決しない感じがすごく心地よくて大好き。

POP|CULTURE 8 / Alstroemeria Records

 東方アレンジ。2018年。
ARROW RAIN」「Unrest Romancer」「Swing World」がよさげ。
ARROW RAIN」速いEDM。ということしか僕には分からない。後半盆踊りみたいになるところが好きです(表現力0)。
Unrest Romancer」ちょっと懐かしい感じのするエレクトロポップ。
Swing World」いろんな音がウィーンってなってる曲(表現力0)。

 音ゲーで聴いたシリーズ。どの曲も低音がすごくてかっこいい。あとは門外漢なので何も言えない。


02/15

The Royal Ten Dollar Gold Piece Inn and Emporium / 高橋徹也

 邦楽。2011年。ライブアルバム。
美しい人」「惑星」がよさげ。
美しい人」メロディの美しいジャズワルツ。たゆたうようなリズムが心地良い。終盤、演奏が熱を帯びていくにつれて不穏になっていくのも良い。
惑星」これも美メロのジャズ。茫洋とした広がりのある演奏。

 高橋徹也さんのライブアルバム。全体的にジャズ色強め。
「ナイトクラブ」とか、後にスタジオ録音版が出る「夜明けのフリーウェイ」とかギターがほとんど入ってないのでだいぶ音源と印象が違いますね。「夜明けのフリーウェイ」ってこんなにジャズ色強い曲だったのか……と気づいた。

碧落の百鬼夜行 / 天狗ノ舞

 東方アレンジ。2018年。
嵐の中で」「吠える」「逆鱗」「首なしガール」「プリズム」「針の筵」がよさげ。
嵐の中で」このイントロのリフを思いついただけで優勝だと思う。聴き手を一発で引き込む骨太で格好良いリフ。サビの停滞と加速を繰り返す感じといい、ラストの解放感といい全てが好き。
吠える」引き続きトリッキーなリフが最高。しかしこの曲はなんと言ってもサビを回し終わった後のラストの疾走ですね。本当に格好良い。
逆鱗」これもイントロから惹かれる。この曲はアレンジャーが違うせいか、リフじゃなくてコードがメインになってますね。サビの伸びやかなメロディとコード進行が好き過ぎる。
首なしガール」ててて↑ててててーってリフとサビメロが好き。サビラストの歌メロがずれ込んでる感じも好きです。
プリズム」めちゃめちゃ好き。若干アニソンみがある曲。そう思うほど王道でキャッチーな曲展開とメロディ。このアルバム、割とどの曲もどこかどんよりとした感じが漂ってるんですが、この曲だけはその曇った感じを切り開いてる感じがしますね。歌詞はやっぱりどこかどんよりしてますが。
針の筵」唯一シンセが入ってる曲。疾走感とメロディが好き。

 一年前に買ったシリーズ。天狗ノ舞のフルアルバム聴くのって何気に願いの轍(2012年)ぶりでは……。今作は電気さんが全てのボーカルを担当されてます。
 天狗ノ舞はずーっとギターの音がすごい良いなって思ってるんですけどこの作品も同じくです。この独特の澄んだ感じって他にあんまりないと思う。
 あとリフがかっこいいのは当然として、今作はコーラスワークすごい凝ってるなという印象。全曲コーラスが入ってる。


02/16

A Brief Inquiry Into Online Relationships / The 1975

 洋楽。2018年。
Give Yourself A Try」「TOOTIMETOOTIMETOOTIME」「Sincerity Is Scary」「It's Not Living (If It's Not With You)」「I Could't Be More In Love」「I Always Wanna Die (Sometimes)」がよさげ。
Give Yourself A Try」ずーっとファズ掛かったギターらしき謎の音がリフを奏でてる。ゴリ押し感がすごい。
TOOTIMETOOTIMETOOTIME」(洋楽詳しくない人間が思う)洋楽のヒット曲っぽい曲。
Sincerity Is Scary」抽象的な感じの音にズレたリズム。
It's Not Living (If It's Not With You)」なんかドラムの感じとかキラキラしたシンセとか全体的に80年代っぽい曲。
I Could't Be More In Love」これもエレピの感じとかエコーとかなんかすごいMTV感のある曲。
I Always Wanna Die (Sometimes)」ロックバラード的な曲。流石に美しいメロディ。

 よく名前を見るので聴いたシリーズ。80年代っぽいポップさがあって好きな感じでした。


02/22

Gideon Gaye / The High Llamas

 洋楽。1994年/1998年再発。
The Dutchman」「Giddy and Gay」「Checking in, Checking out」「Up in the Hills」「Track Goes By」「Mini-Management」がよさげ。
The Dutchman」前曲の滑り落ちるようなストリングスから始まる、ゆったりとした曲。ストリングスの旋律が美しくて好き。
Giddy and Gay」メロディが好き。
Checking in, Checking out」このアルバムの曲には珍しく、ちゃんと地に足が着いた感じのほのぼのした曲。サビとそれ以外でしっかりメリハリが付いてるのも異色。メロディがめちゃくちゃ良いのは変わらず。
Up in the Hills」インスト。跳ねるようなリズムとオルガンの音が好き。
Track Goes By」前半4分弱はこのアルバムの中でも指折りの良メロ。間違いなくアルバムで最も好きなメロディ。にも関わらず、その後10分に掛けて同じメロディを延々と反復したりするので控えめに言って頭がおかしい。
Mini-Management」ゆったりしたセクションと明るくポップなセクションを行き来する曲。9分あるんですが、雰囲気に身を任せてるといつの間にか終わってるすごい曲。

 ハイ・ラマズの2nd。
 ハイ・ラマズといえばなんといってもポップの暴力と呼ぶに相応しい次作「Hawaii」だと思うんですけど、このアルバムはまだ30曲とか入ってたりしないしちゃんと曲の違いがわかるので有情です。とはいえ同じフレーズを延々と反復したりするのはこの時点で既に特徴的ですね。とにかく「Track Goes By」がかなり狂気めいた反復っぷりを見せるのでそこに目が行く。
 個人的にHawaiiより好きでした。やっぱ曲が個性立ってるっていうのはデカい……。


02/27

White Music / XTC

 洋楽。1979年/2005年再発。
Radios In Motion」「This Is Pop」「Statue Of Liberty」「New Town Animal In A Furnished Cage」がよさげ。
Radios In Motion」バタバタしたドラムがいかにもパンクの流れだなぁって感じの曲。でもサビのコーラスは60年代ポップスっぽかったり。
This Is Pop」久々に『これはただごとじゃない』と思った曲。イントロの異常に美しいコード感に震える。サビに入ると普通のポップっぽくなったりするんですけどそれもまたよき。
Statue Of Liberty」ほのぼのしてて元気なパンク。サビのピースフルな感じのコーラスが好きです。
New Town Animal In A Furnished Cage」コード進行が好き。

 XTCの1st。
「Black Sea」以前を初めて聴いたんですけどだいぶニューウェーブっぽい感じ。オルガンの音色とか聴くと1stの頃のP-MODELに影響与えてたのかなぁとか思う。

LICKS & ROCKS / TRICERATOPS

 邦楽。2004年。
TATTOO」「何気ないSUNDAY」「JOHNNY DEPP」がよさげ。
TATTOO」ほのぼのラウドロックな曲。1stの曲とかをもっとハードにしたらこれっぽくなりそう。メロディが好き。
何気ないSUNDAY」気だるげな曲。マイナー調なサビが好き。
JOHNNY DEPP」動くギターとサビのコード進行が好き。

 トライセラは2ndまでしか聴いたことないって言ったらオススメしてもらったシリーズ。初期と比べると全体的にハードロックに近づいてる感じ。


02/28

遠い音楽 / ZABADAK

 邦楽。1990年。
満ち潮の夜」「夢を見る方法」「遠い音楽」「Sarah」「とぎれとぎれのSilent Night」がよさげ。
満ち潮の夜」民族的なメロディが印象的。
夢を見る方法」力強く雄大な感じ。メロディが好き。
遠い音楽」名曲。
Sarah」声もメロディもすごく綺麗。まさに幻想的。
とぎれとぎれのSilent Night」アルバム中飛び抜けてハードな曲。ディストーションギターとタムを多用するドラムがめちゃめちゃかっこいい。