All you need is black earphone (?)

あたまのわるい音楽ブログ

アルバム初聴メモ 2020年11月編

※個人の主観的感想です。
※通しで二回聴いた時点でのメモ書き程度です。


11/03

Camera Shy / Camera Shy

 洋楽。2015年。
Your Only One」「Underwater Days」「Take Your Time」「Seemingly Ill」がよさげ。

 エコーの掛かり具合とかがかなりネオアコみ深くて1991年リリースですか? と思ったら2015年リリースでした。マジで!?
Underwater Days」がとても好きです。タイトル通りに水中を漂っているような美しい曲。

Sway / Whirr

 洋楽。2014年。
Lines」がよさげ。

 Camera Shyの人がやってるシューゲイザーバンド。これはかなりガッツリシューゲイザーで若干ハードコア入ってる印象。

Whirr / Nothing Split 12" / Whirr / Nothing

 洋楽。2014年。
Ease / Whirr」がよさげ。

Ease」のイントロ一発で持っていく破壊力が凄まじい。シューゲイザーの一番かっこいいところって感じ。


11/07

"Tanks and Children Vol​​​​.​​​​10" solo live recording at Parakeet Studio / 直枝政広

 邦楽。2020年。
未確認の愛情」「Sweet Baby」「メトロ定食」「今日も朝から夜だった」がよさげ。

 弾き語りホームライブシリーズ。「メトロ定食」は良い曲だなあと再認識。


11/08

新しい人 / OGRE YOU ASSHOLE

 邦楽。2019年。
さわれないのに」「わかってないことがない」がよさげ。

 いつものOGRE YOU ASSHOLEという印象。


11/09

Hard Normal Daddy / Squarepusher

 洋楽。1997年。
Papalon」「Fat Controller」「Male Pill Part 13」がよさげ。

Hammersmith Odeon / Frank Zappa

 洋楽。ライブ盤。
Dancin' Fool」「Peaches En Regalia」「Baby Snakes」「Jones Crusher」「King Kong」「Black Napkins」がよさげ。

 ハードロックみが強い。「King Kong」はやっぱりかっこいいですね。


11/11

Sleep Dirt / Frank Zappa

 洋楽。1979年。
Sleep Dirt」「The Ocean is The Ultimate Solution」がよさげ。

 アコギとウッドベースの音ってかっこいい。

デッセンクルー / ハヌマーン

 邦楽。2007年。
残像サブリミナル」「昆虫採集」「Fuzz or Distortion」「イカラさんが通る」がよさげ。

Fuzz or Distortion」曲名がかっこいい。
 個人的にナンバガフォロワーというとハヌマーンが思い浮かぶ。いわゆる「ナンバガフォロワー」って実際はだいたいハヌマーンみたいな音楽をやっている気がする。なので偉大。


11/13

Pillowland / Jam City

 洋楽。2020年。
Sweetjoy」「They Eat The Young」「I Don't Want To Dream About It Anymore」がよさげ。

Sweetjoy」の音圧で殴りかかってくる感じが好きです。


11/19

OPPORTUNITY / The Mirraz

 邦楽。2014年。
プロタゴニストの一日は」「i luv 日常」「最高の人生」がよさげ。

LOVETHEISM / 春ねむり

 邦楽。2020年。
海になって」がよさげ。

 相変わらずギターの音がすごく良くて好き。こういう音出したい。


11/25

蕾 / Climb The Mind

 邦楽。2020年。
ペーパームーン」「つよがり」がよさげ。

ペーパームーンClimb The Mindが一体どういうバンドなのか、ということが一曲に詰め込まれたような楽曲。圧倒的。
つよがり」ラスト30秒間が凄まじい。


11/26

11 / zArAme

 邦楽。2017年。
ラストオーダーはディスオーダー」「noFEAR」がよさげ。

 音的にはハードコアの流れを受けたオルタナロックなんですが、バンド名のおかげでなんだかポップでスマートに聴こえるのが不思議。竹林現動さんの組んだバンド遍歴見ても「COWPERS」「SPIRAL CHORD」と来て「zArAme」ですからね。雰囲気が違う。
 ボーカルの竹林現動さんによるミックスも最高。音が鋭くてカッコイイ。奥まってるのにはっきり聴こえるボーカルってオルタナロックにおいて理想だと思う。


11/29

food house / food house

 洋楽。2020年。
8 now」「51129」「mos thoser」がよさげ。

 こういう耳がぶっ壊れそうな音楽が最近の流行りなのだろうかと思うなどした。過激さとポップさが同居してて好きです。